二人目不妊、考えられる原因と対処法

二人目不妊に悩む人がたくさんいます。一人目をさずかったのに、なぜ二人目が出来にくいのか、その原因と対策を探ります。

凍結卵子の場合、出産率はズバリどうなの?

スポンサーリンク

人間の卵子を凍結する…

 

昔では考えられなかったようなことも、
今の技術では可能です。


卵巣に関する病気など、
治療をすることによって
卵巣を摘出しなければならない場合、
以前は子どもを持つことを
あきらめなければなりませんでした。


でも今は違います。


卵巣を摘出しても、
その後で凍結しておけば、
また必要な時に
卵子を利用することができるのです。


凍結卵子を使えば、
体外受精によって妊娠することも可能です。


今は病気でなくても、
卵子の老化を防ぐために
凍結を選ぶ人も増えてきました。


そこで気になるのが、
凍結卵子を使った場合の
妊娠率や出産率です。


一般的な食品でも、
冷凍庫に入れておく期間には
限度があります。


卵子を凍結しても、
質が劣化したりしないのでしょうか?


凍結方法は二通りある

卵子を凍結すると言っても、
その方法には大きく分けて
下記のように二通りあります。

 

卵子だけの状態で保存する
・受精させた後で保存する

 


多くの女性が卵子を保存しようと思うのは、
「今は相手がいないけれど
 将来に備えて保存しておきたい」
という考えからです。


そうなると、当然ですが
未授精の卵子を保存することになります。

 

f:id:asumis52:20170605113039j:plain


ところが!

受精していない卵子は、
受精卵よりも妊娠する確率は低いんです。


しかも、年齢が上がってから
卵子を凍結しても、
やはり妊娠率・出産率は下がってしまいます。


ですから
・若いうちに
・受精させてから
保存する、というのが一番良いのでしょう。


ただ、これはあまり現実的ではありませんね。

 

受精するための精子
どこから持ってくるかという問題もありますし。


また当然ですが、卵子を凍結保存するには
費用がかかります。

 

保存する年数が長くなれば、
その分費用もかさむというわけです。


結局、卵子凍結はおすすめなの?


卵子を凍結保存してくれる病院は、
まだそれほど多くは存在しません。

 

卵子の凍結保存自体、
歴史が浅いという事情もあります。


卵子凍結を行っている医療機関では、
妊娠率を明らかにしているところもあります。


私が見た数字は、次のようなものでした。

  ↓ ↓ ↓

30歳以下で卵子を採取した場合の妊娠率は35%程度。
年齢が上がるごとに確率は下がります。
そして40%歳以上になると15%以下になります。

 


卵子を凍結するといっても、
すべての卵子が生き続けられるわけではありません。


保存している間や解凍の際に
死んでしまうものもあります。


そしてまた、卵子の持ち主である女性も
加齢によってさまざまな機能が衰えます。


ですからたとえ妊娠率がそこそこあったとしても、
出産率を見るとさらに下がってしまうことも
考えられるのです。


また卵子を保存しておいても、
天災によってそれらが失われることもあります。


いろいろな状況を考えると
「今は産めないけど、凍結しておけばいいや」と
気軽に卵子凍結を選択することはできない気がします。