二人目不妊、考えられる原因と対処法

二人目不妊に悩む人がたくさんいます。一人目をさずかったのに、なぜ二人目が出来にくいのか、その原因と対策を探ります。

低温期のまま妊娠した人がいるらしい…

基礎体温をつけている人なら、
グラフが高温期と低温期の
二相に分かれることを知っているでしょう。


あまりキレイな二相にならないとしても、
だいたい高温期と低温期が分かれば
大丈夫のようです。


排卵が起こると高温期に入り、
そこで妊娠すると
そのまま高温期が続きます。


これが通常のケースですが、
まれに低温期のまま
妊娠したという報告を聞くことがあります。

これは一体どうしたことなのでしょうか?


基礎体温、正確に測ってる?


基礎体温は、本来なら一番安静にしている時、
すなわち就寝時の体温を指します。


でも寝ている間に体温を測ることは
難しいですから、
朝目が覚めてから寝たまま測ります。


そのため時と場合によっては
正確に測れていないことも
考えられるのですね。


たとえば次のような場合です。

・夜中にトイレに起きた
・睡眠時間が極端に短い
・目覚ましを止めるために起き上がった
二度寝してしまった
・いつも同じ時刻に測っていない
・エアコンや扇風機にあたっていた
・寝ぼけていて体温計が動いてしまった


こうした場合、基礎体温がきちんと
測れていないので、
低温期というのも当てにならないかもしれません。

 

f:id:asumis52:20170603073716j:plain



 低温期なのに妊娠した例

基礎体温を測っていて、
低温期なのに妊娠して
驚いたという人がいます。

 

体温は正確に測れているはずなのに、
なぜこうしたことが
起こるのでしょうか?


まず考えられるのは、
何らかの事情でホルモンバランスが崩れ、
基礎体温のグラフが乱れてしまうことです。


たとえば疲れがたまっていたり、
ストレスなどで精神的な
ダメージを受けている場合ですね。


こうした時は体温が上がりにくいことが
あるのですが、
性交渉を持つことにより
妊娠する場合もあります。


また、基礎体温を毎日測っていない場合、
たまたま測った日に体温が
低く出る可能性もあります。


実は着床した時に、一時的に
体温が低く計測されることがあるようです。


他にもいろいろなケースがあり、
低体温なのに妊娠した例は
意外とよくあることなのかもしれません。