二人目不妊、考えられる原因と対処法

二人目不妊に悩む人がたくさんいます。一人目をさずかったのに、なぜ二人目が出来にくいのか、その原因と対策を探ります。

不妊治療でよく聞くクロミッドとは、何者なの?

スポンサーリンク

不妊治療を始めると、
これまでまったく知らなかった専門用語を
耳にするようになります。


排卵誘発剤」とか「クロミッド」という
言葉もそうですね。


生理なら毎月自分で確認することができますが、
排卵って分かりにくいものです。


中には排卵痛があるので分かるという
人もいるようですが。


クロミッドとは

不妊症の場合は、排卵がうまくいかなかったり
することがあるので、
排卵誘発剤を使うわけです。


この時に処方されるのが、クロミッド

 

つまりクロミッドとは、
脳にはたらきかけてホルモンを分泌させ、
その結果排卵を確実に起こそうというものです。

 

クロミッドを服用し、
排卵が起こる日が分かれば、
その時に性行為をするのがタイミング法です。

 

タイミングは自分では分かりませんから、
医師に指示してもらうことになります。


必ずしも排卵が起こるとは限らない


先ほども述べたように、クロミッドとは
不妊治療において排卵をうながすためのお薬です。


女性なら毎月排卵があるのが当然だと
思っている人も多いかもしれません。


でも排卵障害があったりして、
生理はあっても排卵がないことも
けっこう多いのですね。

 

f:id:asumis52:20170531171731j:plain

 


クロミッドを服用すれば
きちんと排卵が起こるのではないかと
期待するのも当然のことでしょう。


でも排卵が起こる確率は、
残念ながら100%ではありません。

 

おおよその数字ですが、排卵が起こるのは
せいぜい8割くらいだそうです。

 

そこから妊娠に至る確率はさらに下がり、
およそ50%以下になります。


もちろんタイミング法は一回だけでなく
何回か繰り返し行うことになるので、
やがて妊娠することもあり得るでしょう。


クロミッドについて心配なこと

排卵誘発剤クロミッドですが、
不妊治療をするすべての人が
歓迎しているわけではないようです。

 

やはり人工的に排卵を促すということで、
何か副作用があるのではないかと
心配する人も多いのです。


薬には効果が期待できる一方で、
ある程度の副作用があるのは
仕方がないと言われることがあります。


副作用の出方は人によって違いますし、
心配であれば医師に確認すると良いでしょう。