二人目不妊、考えられる原因と対処法

二人目不妊に悩む人がたくさんいます。一人目をさずかったのに、なぜ二人目が出来にくいのか、その原因と対策を探ります。

排卵誘発剤は市販されている?その実態とは

排卵誘発剤は、不妊治療の際に
病院で処方されることが多い薬です。


てっきり自分で買うことはできないと
思い込んでいましたが、
実は市販されているそうですね。


排卵誘発剤としてよく知られているのは
クロミッドですが、これは
通販で購入することもできるようです。


ただ、素人が自分の判断で購入し、
よく調べもせずに服用するのは
かなり怖い気がします。


排卵誘発剤は薬ですから、
副作用の恐れもありますし、
また多胎の可能性もあります。


子どもが一人欲しいと思ったのに、
双子とか三つ子ができてしまったら、
慌てることになりかねません。

 

排卵誘発剤の処方


排卵がうまく行われない場合、
排卵月経になることが多いですが、
こうした人にとっては
排卵誘発剤は強い味方となるでしょう。


でも特殊な薬である以上、
病院に行って、医師に処方してもらった方が
安全です。


また排卵誘発剤は飲むタイミングも重要です。

 

病院で処方してもらう場合は、
医師や看護師から詳しい説明があるでしょう。


でも市販の排卵誘発剤を購入した場合は、
自分でタイミングをはからなければなりません。


もし説明を読み違えたら?
タイミングをうっかり間違えてしまったら?
飲む量を誤ってしまったら?


このように考えると、
安易に飲むべきではないなと思います。

 

f:id:asumis52:20170531080103j:plain

 

安易に考えてはダメ!


排卵誘発剤に含まれる成分は、
脳にはたらきかけてホルモンを分泌させます。


ですから排卵が起こりにくい人でも
排卵が可能になる確率が上がるのです。


風邪薬などとは違い、
排卵誘発剤は特別なお薬です。


もし使用法を間違えたら、
取返しのつかない事態を
招くかもしれません。


そう考えると、市販の薬を求めるのは
やめておいた方が良いでしょう。


市販とはいっても、排卵誘発剤
クロミッドの場合、
海外からの個人輸入になるようです。


今はとても便利な時代になり、
個人輸入を代行して、クリック一つで
カートに入れてくれるような
サイトも存在しています。


こうしたサイトは、次のような特徴があります。
・処方箋不要
・正規品を保証
・確実に商品を届けてくれる


このような特徴を見ると、
便利だし良いことづくめに感じられます。


ですが、自分の体にかかわることですし、
赤ちゃんを授かろうとする以上は
慎重になってもなり過ぎることはありません。


市販で買えるところを探そうなどとせず、
医師に相談することが大切です。