二人目不妊、考えられる原因と対処法

二人目不妊に悩む人がたくさんいます。一人目をさずかったのに、なぜ二人目が出来にくいのか、その原因と対策を探ります。

妊娠したいのにできない場合、無排卵月経かも…

なかなか妊娠できない原因の一つに
排卵月経があります。

 

つまり、生理は正常にきているのに、
排卵が起こっていないということ。


これは自分ではなかなか気づきません。

 

生理がきているのだから、
排卵も起こっているはずだと
思い込んでいる人も多いでしょうから。


排卵月経の場合は、
妊娠したいと思っていても
当然ながら妊娠することができません。


夫婦生活をしても、
卵子精子が出会うことが
できないのですから。


排卵月経かどうか判定するには

 

排卵月経の場合、生理のリズムが
一定していないことがあります。


ほぼ一か月ごとにくるのではなく、
遅れたり早まったりするのですね。


あるいは少量の出血が長い期間
続くこともあります。


これまで排卵があった人が
排卵月経になった場合は、
こうした変化に気付くかもしれません。


でも難しいのは、定期的に生理があっても
排卵月経の場合もあるということ。

 

妊娠したいなら、
排卵が行われているかを知るために
基礎体温を測っておくと良いでしょう。


排卵があると、基礎体温は上がり、
高温期に入ります。


きれいなグラフにならない場合は、
排卵月経かもしれないと考えて
病院で診察を受けましょう。

 

f:id:asumis52:20170530172141j:plain

 

排卵月経の治療法

 

妊娠したいのに、なかなか授からない場合、
病院で診てもらうのが一番です。

 

もし排卵月経と診断されても、
悲観することはありません。

 

現代においては、さまざまな
治療法が存在しているからです。


病院では排卵誘発剤を使って
治療が行われることもあります。


飲み薬や注射で排卵を促しますから、
排卵が起きる確率は高くなります。


このほかにも、ピル漢方薬を使って
治療を行うこともあります。

 


排卵月経は改善するの?

これまで規則的に排卵が起きていた人でも、
ある時から無排卵月経に
なってしまうことがあります。


排卵誘発剤などで一時的に排卵させるのではなく、
体調を整えて、無排卵月経を
改善することはできるのでしょうか?


排卵月経の原因として、
ホルモンバランスの乱れがあります。

 

ストレスがたまったり、
栄養が不足していたりすると
ホルモンバランスが崩れるのですね。


ですから思い当たることがあれば、
生活を見直してみると良いでしょう。